医薬品は病気の治療でよく利用されますが、やはりある程度値が張ってしまうのがネックです。財布に優しいジェネリック医薬品を選択してみましょう。

  • ホーム
  • ジェネリック医薬品のデメリットとは

ジェネリック医薬品のデメリットとは

薬ろ菊の花

医薬品として使用できるものとしてジェネリック医薬品が広まってきました。
先発品に対して同じ有効成分を含んでいるものが後発品とも言われるジェネリック医薬品であり、薬価が低くなっているために医療費の負担を小さくすることができるのがメリットとして利用の促進が図られています。
しかし、必ずしも安いから良いというわけではなく、デメリットもあるのが事実です。

先発品と同じ有効成分を使用しているという理由によって、厚生労働省による認可を受ける際には有効性試験と安全性試験が緩和されているという点があります。
確かに含まれている有効成分は同じであるものの、その剤形や添加物には違いがあることから先発品と同一ではないのがジェネリック医薬品です。
そのため、剤形の違いによる溶けやすさや飲みやすさの違い、添加物との相互作用や添加物による作用によって有効性や安全性に違いがでてきてしまうという可能性を秘めているのがジェネリック医薬品の特徴です。
その点について先発品と同様の臨床試験が行われていないため、確証を持って使用することができないのがジェネリック医薬品のデメリットとなります。
また、同様の理由によって現場で使用することがしばしばはばかられることになります。

今まで現場で先発品を使用してきたことによって様々な形で使用経験があるものの、その経験に基づく判断をジェネリック医薬品の場合にも使用できるかというと必ずしもそうではないというデメリットがあるからです。
そのため、医療現場では薬価が高くても先発品を好んで使用するということもしばしばある状況ができています。
安くても信頼性の高さで先発品に劣ってしまうのがジェネリック医薬品なのです。

サイト内検索
アーカイブ