医薬品は病気の治療でよく利用されますが、やはりある程度値が張ってしまうのがネックです。財布に優しいジェネリック医薬品を選択してみましょう。

  • ホーム
  • 医薬品と救急と早死について

医薬品と救急と早死について

カプセルと錠剤

医薬品は風邪などをひいた時に病院などで貰いに行きますが、忙しい社会人の人であればクリニックや病院などに行く暇もないほど仕事に追われており、入手することが困難な場合があります。
このような時には市販の医薬品を利用する事をオススメします。
例えば上記のような場合は風邪薬を購入することになりますが、すぐに効果が現れるので辛い症状であった咳や肩の痛み、頭の痛みなどの頭痛をすぐに和らげてくれます。
これにより仕事に対する意欲や集中力も向上します。

近年問題になっていることが、上記のような風邪薬をうつ病などの患者さんや、何かの精神疾患を抱えている学生さんが親御さんに相談出来ない状態で大量に飲んでしまうことです。
精神的な負担から解放されるために規定量以上の薬を飲んでしまい、そのまま意識不明の状態になってしまい救急車で運ばれるケースが相次いでいます。
そのため、薬局などでは、風邪薬を大量に購入する人に対しては、理由などを尋ねたり注意書きなどを行っている薬局などもあります。
救急車で運ばれる患者さんを少なくするように対策が打ち出されていますが、それでも若者の自殺願望や不安な気持ちなどからの大量の薬の一気飲みは止まらず社会問題にもなっています。
このような場合、飲んだ風邪薬の量が多い場合には、そのまま救急車で運ばれても早死にをしてしまうケースなどがあり、親御さんにとっては予期せぬ絶望となることが多くあります。