医薬品は病気の治療でよく利用されますが、やはりある程度値が張ってしまうのがネックです。財布に優しいジェネリック医薬品を選択してみましょう。

  • ホーム
  • 医薬品は自分で選べる時代です

医薬品は自分で選べる時代です

手のひらにあるカプセル

医療機関にかかって何らかの病気だと判断された場合、薬を使って治療を行っていくケースがあります。
医師の言われるがままに処方箋を書いてもらって薬を購入し、指示された用法や用量にしたがって使用していくというのが当然のように行われてきました。
しかし、個人が尊重され、医療の自由が唱えられるようになった現代社会においては、医薬品は自分で選べるようになっています。
自分で選べるというのにはいくつもの意味があります。

一つにはある病気であるということがわかった際に、その治療に使用できる医薬品の候補が複数ある場合にはその候補をあげてもらって違いを説明してもらい、その中から自分が使用する医薬品を選ぶことができるということです。
そういったサービスを積極的に展開していることはあまりありませんが、患者側から申し出れば医師や薬剤師が行うべきこととなっているので説明をしてもらい、選ぶことができるようになります。

一方、医薬品が処方された場合でもその医薬品にジェネリック医薬品がある場合にはそれも患者が判断して選ぶことができます。
有効成分が同じであって安価に購入できるジェネリック医薬品は有効性試験や安全性試験を簡略化して承認されているという面がありますが、医療費を削減する上で重要な選択肢となります。
どちらかを強要されるということはなく、患者が自分の意志でどちらが良いかを選べる時代になっているのです。
こういった形で自分が使用するものだからこそ、患者が自分の考え方や価値観を持って医薬品を選ぶということが尊重される時代になっており、患者も勉強してより自分に合ったものを自分で選ぶことが必要になっているのが現状です。